貞博調教師が死去

JRAは24日、小島貞博調教師(60歳)が23日午後6時36分、滋賀県栗東市内の病院で死去したことを発表した。

 小島貞博(こじま さだひろ)調教師は、1971年に栗東・戸山為夫厩舎から騎手としてデビュー。1982年にはキングスポイントで中山大障害を春秋連覇し、ミホノブルボンとのコンビでは1991年朝日杯3歳S(GI)や、1992年には皐月賞(GI)、日本ダービー(GI)の2冠を達成。1994年にはチョウカイキャロルでオークス(GI)、1995年にはタヤスツヨシで史上10人目となる日本ダービー(GI)2勝目を挙げ、騎手として通算4722戦495勝(重賞27勝)の記録を残した。

 2001年に調教師免許を取得、2003年に厩舎を開業すると、2005年にテイエムドラゴンで中山大障害(JGI)を制するなど、調教師として1705戦137勝(重賞5勝)の記録を残した。1月15日の山科Sをシゲルソウウンで制し、今年初勝利を挙げたばかりの訃報となった。
[PR]

# by dfdfhdfh | 2012-01-24 12:58